wHite_caKe

だらだら書きますので、だらだら読んでもらえるとありがたく。

花を見ていた少年

中学生の時、大幅に遅刻して先生に遅刻の理由を尋ねられ 「花を見ていました」 と答えた同級生がいました。 彼のこの返答に教室はざわめき、それまで怒りを浮かべていた先生も 「なにおまえその……風流なの……?」 と一瞬毒気を抜かれたようになったのが印象に…

『むしろウツだから結婚かと』第6話~みんな違って、みんないい。けどそれだけじゃない

本日2月10日に『むしろウツなので結婚かと』の第6話が更新されました。 comic-days.com 今回は多様性に潜む罠のお話をします。ナニソレ関係あるのかよこの話にってかんじですが、関係あるんです。 えー、多様性というのは生き物にとってとても大事なことです…

『むしろウツなので結婚かと』第5話~あなたのためにという言葉は、いついかなるときもウツクシクナイ

本日1月27日に『むしろウツなので結婚かと』の第5話が更新されました。 comic-days.com 今回は、お話の最後にセキゼキさんが(仮名) 「病院に行く」 と言い出したときに、私が感じたことなどを書きます。 セキゼキさんがどうして病院に行くと言い出したのか…

『むしろウツなので結婚かと』第4話~石油王ならすべては解決

本日1月13日に『むしろウツなので結婚かと』の第4話が更新されました。 comic-days.com セキゼキさんは、とにかく病院に行きたがりませんでした。 会社はこの時、かなり好意的に処理してくれていました。とはいえ、診断書もない状態で仕事を休み続けるのには…

『むしろウツなので結婚かと』第3話~なんでそこが混ざった?

本日12月30日に『むしろウツなので結婚かと』の第3話が更新されました。 comic-days.com 今回はマンガの中には描かれていないけれど、あの夜に起きた出来事の話をします。 さて私はずいぶん昔、ブログに「集団墓参り」というお話を書きました。 white-cake.h…

クリスマス目前! はじめてのマジックグッズはコレだ! 減量ver

クリスマスが目前に迫ってまいりました。 「子供が『手品を始めたい』って言い出したからプレゼントしたいんだけど何を買っていいか分からないんだよ」 という方のために。直前過ぎてもしかしたら手遅れかもしれないと思いながらも、私の独断と偏見に基づい…

『むしろウツなので結婚かと』第2話〜訂正できないのが妄想だ

本日12月16日に『むしろウツなので結婚かと』の第2話が更新されました。 comic-days.com 今回はその第二話の中でセキゼキさんの身に何が起きているのかという話をします。 会社に行けなくなってしまったセキゼキさんは 「みんなおれに怒っている」 「もう許…

半分の優しさがいつでも通用するわけじゃない~『むしろウツなので結婚かと』第1話について

さて、本日2018年12月2日より、コミックDAYSで『むしろウツなので結婚かと』の連載が開始いたしました。 comic-days.com 折角の機会ですので、これからお話が更新される都度、原案者からひとこと的な文章を書かせていただきます。 当時はわからなかったけれ…

12月2日からコミックDAYSで「むしろウツなので結婚かと」の連載が開始します

今年も残りわずかとなりました。年内にやっつけなきゃいけないタスクの多さに日々青ざめる今日この頃ですが、皆様はいかがお過ごしですか? さて2018年12月2日正午から、コミックDAYS上で私シロイが原案の『むしろウツなので結婚かと』の連載が開始します。 …

父の親友とその裏面

昔、私の父シロイ・ネコヒコ(仮名)の職場にはドウドウさん(仮名)という二歳年上の先輩がいました。 二人はたいそう仲が良く、ドウドウさんの奥さんが出産なさったときは、独身だったネコヒコが名付け親になるよう頼まれたほどでした。 ネコヒコが母と出…

今更すぎるんですが「Fate/hollow ataraxia」はいいぞ

今年3月に「今更だなあ」と思いつつ「Fate/Grand Order」を始めたところすっかりはまってしまい、先日ついに人理を修復いたしました。 終章のストーリーに深く感動してしまい興奮さめやりませんので、「Fate/hollow ataraxia」の紹介をいたします。 「え、な…

ナイターとカブトムシの話

ずいぶん前に、ある人から聞いた話をします。 仕事が終わって帰宅しビールと枝豆を前にナイター観戦という幸福な時間を過ごしている最中、ベランダのほうから「かたん」という音が聞こえました。 見に行くと、びっくりするくらい大きなカブトムシが物干し竿…

家事と感謝のゲーミフィケーション

先日、友人が 「喧嘩になるとパートナーが『あなたは家事をなにもやってない』と言ってくる。実際には分業してるのに、そういうことを言われるとすごく落ち込む」 という話をしていました。友人夫婦は三十代でホワイトカラー共働きです。 話をききながら解決…

私の知ってるメシマズ話

ネットでメシマズ関連の話を見ていて、思い出した話をします。 なお、このお話はいつものごとく諸般の事情をかんがみて改変されておりますので、フィクションとおもってお読みください。あなたが似ている話を知っているとしても、それは偶然の一致であり、無…

娘とらっぱ

今月、娘は初めての旅行をしました。私の実家に行ったのです。 二日目の夜、セキゼキさん(仮名)が「カミソリがないからコンビニに買いに行きたい」と言いました。 ど田舎ゆえ、実家から最寄りのコンビニまではかなり遠く、車を出す必要があります。その晩…

父が子育て身代金を減額した話

すげえ腹立つわ|愛情料理研究家 土岐山協子の 『料理はしないんだけど料理研究家のブログ』 この記事を読んで、思い出した話をします。 小学生の頃、母親がテニスサークルに通い始めて、時々家を空けるようになりました。 私は最初、とても驚いて戸惑いまし…

帝王切開直後の皆様

育児が始まったらブログとかあんま更新できねーだろーなーと思ってたらその通りだったわけですが、入院中「でもこれは世間に伝えたい」(オオゲサ)と思った情報がありましたので、それは書いておこうかと思います。あ、始めに言っておきますとその情報という…

人生激変報告

お久しぶりです。シロイです。ほんとはそこまで久しぶりじゃなかったかもしれないんですが、なんか気分的にすごく久しぶりなのですというか、なんだこのごちゃごちゃした前置き。 実は入院してました。出産したもので。そんで退院もしたんですが、ご多分に漏…

モンハン 物欲センサーの謎について

「物欲センサーの謎を解いたよ!」 「えっ? なにそれどういうこと?」 「つまりね、クエスト終了時にもらえる報酬とは何かって話でさ。仕留めたモンスターが村とか団とか、とにかく主人公の所属するコミュティに運ばれて解体されて、それから素材をハンター…

女子校出身者が娘を女子校に入れたがるワケのうちの一つかなあ。

私はもし自分が娘を持ち、彼女がうんと美人かうんとブサイクのどちらかだったら女子校への進学をすすめたいと思っています。そんで、そのどちらでもない親のひいき目からすれば世界一ラブリーだけれども世間的にはまあ並みだよね的な女の子であれば、共学に…

夏休みの宿題と父親

この間の週末、ネットをふらふらしてると夏休みの宿題についての記事が目に入って、もうそんな時期かあと思ったわけなんですけれども、そういえば私は親に宿題の手伝いを頼んだりはあまりしませんでした。 むしろ逆に、隙あらば娘の宿題を奪っていこうとする…

妊娠七ヶ月

はじめに 昔きいたえらく気になるんだけどいまだ未消化みたいなお話を唐突に思い出したので、書きます。 友人から聞いたものですので、私自身は登場人物の誰とも面識をもちません。又聞きゆえの曖昧な部分もございますが、ご容赦ください。あと、いつものこ…

『きのう何食べた?』の感想みたいな

『きのう何食べた?』が面白いマンガであり、レシピ本としても優れているのは有名なハナシですが、最近私はあのマンガがもっと特殊なジャンルのような気がしてきました。 違うんです、BLだとかラブストーリーとしても読めるとか、そういうのでもないんです。…

『タッチ』と『CIPHER』と双子の小宇宙

幼い頃の印象的な記憶の一つに、『タッチ』のアニメで和也が死んだ日というのがあります。 その日私は父が泣くのを初めてみました。アニメの内容だってショックではありましたが、父が号泣して放送終了後も長い間テレビの前で悲しそうにうなだれていた姿のほ…

自分の敵は自分だけど味方も自分

睡眠中に尿意を催すと、トイレを探す夢を見ます。 見つかったと思うと人が長蛇の列をなしていたりやたら汚かったりしてまた別のトイレを探すことになり、そうこうするうちに目が覚めて現実のトイレに行って解決、というのがいつものパターンです。 あれって…

投げっぱなしキャッチボール

はじめに 当ブログはしばしばかつて実際に起こったことを元ネタとしつつも、「大事なことは話が面白くなることだ、私は事実よりも娯楽性を重んじる!」というシロイの歪んだ信念によって、事実をある程度改変しています。なのでしょっちゅう「フィクションと…

とりあえず始めますよね

とりあえず始めますよね。 なにをって、つまり書きはじめるってことなんですけど。うわ、この文、異常に段取りが悪い。 それも無理もない話なんです。事前に考えてないからこうなるんです、泥棒が来てから縄をなってんですよこちとら。 ダメだな。やっぱりわ…

雪のバス停

雪が降ると、北で育った子供の頃のことを思い出します。 中学生のときのことです。その日は朝から雪が降り続けていました。 帰り道、私がバス停に行くと知り合いのおばあさんが、にこにこと話しかけてきました。 一時間に一本しか通らないそのバスは利用者も…

スラムダンク夫論

「スラムダンクに関して、一つ不思議なことがあってね」 私が言うと、セキゼキさん(仮名)がちょっと嫌そうに顔をしかめました。 「なんで今更スラムダンクなんだよ……」 「いやいや、今更だからこその疑問ですよ。つまりね、スラムダンク連載中って、けっこ…

でぶっちょシンデレラ あとがき

ツイッターでは前回、「今年最後の更新」などと言ってしまったのですが、ちょっとだけ付け足しをいたします。 私の父シロイ・ネコヒコ(仮名)は昨年、他界いたしました。 いずれ訪れる別れと知りつつも、しばらくは悲しくて悲しくて仕方なかったです。 父の…